耳に輪ゴムを付けるだけで小顔になる

輪ゴムを使うだけでお手軽に小顔効果がある。まず、輪ゴムを自分の耳のサイズに調整し、少し締め付けられるサイズにする。その輪ゴムを耳にかけて10分間放置するだけ。

顔がむくむのは余分な水分が肌に溜まっているという理由以外に、顔の咀しゃく筋の一つである咬筋(こうきん)が緊張してくると固くなって縮み、咬筋が付いている骨が正しい位置から外れて顔が大きく見える。そこで輪ゴムで耳元の筋肉を刺激することで咬筋がゆるみ、引っ張られた骨が元の位置に戻るため小顔になる。

さらに、耳に輪ゴムをかけると肩こり解消の効果もある。耳は両手両足までつながる筋肉のスタート地点。そのため、輪ゴムで耳元の血流をせき止め、解放すると血液とリンパ液の巡りがよくなり肩のコリや痛みが和らぐ。普通に生活しているだけで咬筋は固くなるため、毎朝10分程度行うとより効果がある。

2016/10/13

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事