八甲田山の日(1月23日 記念日)

1902年(明治35年)のこの日、八甲田山へ雪中行軍に出かけた兵士210名が猛吹雪の中で遭難した。

この日は北海道・東北に大寒波が接近していた。スキーはまだ日本に伝わっておらず、雪中行軍のノウハウも知らないまま、歩兵第5連隊は八甲田山突破のため弘前を出発した。猛吹雪の中で道に迷い、寒さと空腹と疲労のなかで遭難し、199名が凍死した。なせばなるの精神主義だけでは、大自然を相手に勝つことができなかった。この死の行軍は小説や映画にもなった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事