人事労務の日(6月6日 記念日)

社会保険労務士であり、千葉県勝浦市にある「南総労務管理センター」と「有限会社一南経営サポート」の代表である渡邉昌俊氏が制定。

日付は「人事労務」の「ろ(6)うむ(6)」(労務)と読む語呂合わせからと思われる。1年に1度は会社の人事や労務について見直したり検証することにより、よりよい労使関係を築いていこうという日。社会保険労務士の認知度を高めることもその目的の一つである。

人事労務について

人事労務とは、企業などの組織を支える間接部門・バックオフィス業務の一つである。企業の従業員を管理することで、労働力の効率化を図り、円滑な企業運営をサポートする。

会社の従業員

人事は、従業員の処遇などの決定に関する業務を行う。採用・配置・異動・昇進・転勤・評価など人材の管理を行い、良質な労働力の確保や適材適所の配置を目指す。また、労働時間や賃金の管理、教育訓練などを行い、労働力の質を向上させる。

労務は、従業員が安心して業務に専念できるように会社の組織づくりの業務を行う。労働環境の整備や給与計算、社会保険や福利厚生の手続きなどを行い、生産性の高い職場をつくる。

リンク:南総労務管理センターWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事