足が8本しかないタコみたいなイカがいる

姿かたちはイカで足が8本しかない、その名も「タコイカ」という生物がいる。

タコイカは普通のイカと獲物を捕まえる方法が異なり、普通のイカは長い2本の触腕で獲物の魚を捕まえるが、タコイカは8本の足で包み込むように獲物を捕まえる。そのため、使わなくなった触腕2本が退化したと考えられている。非常に珍しく一般には流通しないが、味はイカとのこと。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事