葦平忌(1月24日 記念日)

昭和戦前・戦後期の小説家・火野葦平(ひの あしへい)の1960年(昭和35年)の忌日。

火野葦平

火野葦平について

1907年(明治40年)1月25日に現在の福岡県北九州市に生まれる。本名は玉井勝則。日中戦争の応召前に書き、同人雑誌『文学会議』に1937年(昭和12年)発表した『糞尿譚』で芥川賞を受賞。その知らせは陣中で受けた。

従軍中の作品『麦と兵隊』は大きな評判を呼び、『土と兵隊』『花と兵隊』を次々に書いて一躍流行作家となった。これら「兵隊三部作」は300万部を超えるベストセラーとなった。

戦後の作品に『赤道祭』『花と竜』『革命前後』などがある。52歳の時、若松市の自宅「河伯洞」の書斎で死去した。後に、睡眠薬での自殺と判明し、社会に衝撃を与えた。1960年(昭和35年)5月、『革命前後』および生前の業績により「日本芸術院賞」を受賞した。

リンクWikipediaコトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事