草城忌(1月29日 記念日)

俳人・日野草城(ひの そうじょう)の1956年(昭和31年)の忌日。「東鶴忌」「銀忌」などともされる。

日野草城について

1901年(明治34年)7月18日に現在の東京都台東区上野に生まれる。本名は克修(よしのぶ)。京都帝国大学法学部を卒業。

在学中すでに『ホトトギス』雑詠欄の巻頭を占め、1924年(大正13年)に同誌課題句の選者となる。1927年(昭和2年)に第一句集『花氷』を刊行し、地位を確立。以後、俳句近代化の機運に応じ、1935年(昭和10年)に俳誌『旗艦』を創刊・主宰する。

草城句集―花氷(京鹿子叢書)

季語を含まない無季俳句を許容して『ホトトギス』を離脱し、新興俳句運動の主導的役割を担う。54歳で死去。ほかに句集『青芝』(1932年)、『轉轍手』(1938年)、『人生の午後』(1953年)、『草城三百六十句』(1955年)、『銀』(1956年)などがある。

リンクWikipediaコトバンクAmazon

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事