国際家族デー(5月15日 記念日)

1993年(平成5年)9月の国連総会で制定。国際デーの一つ。英語表記は「International Day of Families」。

International Day of Families

各国において家族に関する問題についての認識と理解を深め、その問題に取り組む能力を高めるとともに、解決に向けての活動を促すことが目的。毎年、国連事務総長のメッセージが発表される。また、この日を中心に、NPO(非営利団体)などでイベントやキャンペーンが実施される。

この国際デーに関連して、1989年(平成元年)12月の国連総会で、1994年(平成6年)が「国際家族年」(International Year of the Family)に制定された。スローガンは「Building the Smallest Democracy at the Heart of Society」(家族からはじまる小さなデモクラシー)で、家族は社会の基本単位であり、家族にできる限り広範な保護と援助が与えられるべきとしている。

家族は国や社会により、様々な形態と機能を有するものであるが、家族における男女の平等が求められ、暴力や差別、貧困のない家族が望まれている。また、子ども達が健康に育つためには、家族の愛情とともに、医療や教育をはじめとする基本的な支援も必要である。家族は重要な役割を担っており、その認識を高めるための日である。

リンクUnited Nations国連広報センター

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事