和歌山県世界遺産の日(7月7日 記念日)

2005年(平成17年)3月に和歌山県で制定された「和歌山県世界遺産条例」で制定。

2004年(平成16年)のこの日、「紀伊山地の霊場と参詣道」が国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を登録対象とする世界遺産。

人々の心を豊かにし、世界に比類ない文化遺産を未来に引き継いでいくため、県民等が世界遺産についての理解と関心を深めることが目的。7月1日~7日は和歌山県世界遺産週間となっている。これらの日を中心に、和歌山県世界遺産センターなどで各種イベントが開催される。

6月29日は「平泉世界遺産の日(岩手県)」。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事