うま味調味料の日(味の素の日)(7月25日 記念日)

日本うま味調味料協会が制定。うま味についての正しい理解とその調味料の普及を目的としている。

1908年(明治41年)のこの日、化学者であり東京帝国理科大学(現:東京大学理学部)の教授であった池田菊苗いけだ きくなえ博士が、「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得した。博士は、昆布の旨味成分がアミノ酸の一種であるグルタミン酸であることを突き止め、その味を「うま味」と名付けた。その後、鈴木製薬所(現:味の素株式会社)の鈴木三郎助に製品化を依頼し、翌年の1909年、この新調味料は「味の素」と名付けられ販売された。博士本人は「グルタミン酸」を「具留多味酸」と表記した。

リンク:日本うま味調味料協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事