キウイの日(9月1日 記念日)

東京都港区東新橋に本社を置き、ニュージーランド産キウイフルーツの輸入・製品管理・マーケティング活動などを行うゼスプリ インターナショナルジャパン株式会社が制定。

日付は「キュー(9)イ(1)」と読む語呂合わせから。キウイフルーツの消費拡大が目的。また、「元気フルーツ」と呼ばれるキウイを食べて多くの人に健康になってもらいたいとの想いが込められている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

同社はゴールドキウイフルーツを贈る日として5月14日を「ゴールドデー」に、そのお返しとしてグリーンキウイフルーツを贈る日として9月14日を「グリーンデー」に制定している。

キウイについて

キウイフルーツ(kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。様々な大きさや色のキウイフルーツがある。

様々なキウイフルーツ

1906年(明治39年)にニュージーランドが新しい果樹のキウイフルーツとして、中国原産のオニマタタビの品種改良に成功、1934年(昭和9年)頃から商業栽培を開始し、世界各国で食べられるようになった。

「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカへ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ(kiwi)」に因んで1959年(昭和34年)に命名された。ただし、果実と鳥の見た目の類似性から命名された訳ではない。

ゼスプリのキウイフルーツには、果肉が緑色のタイプと黄色のタイプがある。グリーンキウイは、バランスのとれた甘みと酸味で食物繊維が豊富。サンゴールドキウイは、トロピカルな風味を持ち、甘みが強く、ビタミンCが豊富。食べ頃は少し柔らかいと感じるくらいが熟していて美味しい。夏の暑さで疲れがたまっている体や、弱った肌を癒してくれる。

ゼスプリのキウイフルーツ

リンクゼスプリ キウイフルーツWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事