ゴールドデー(5月14日 記念日)

東京都港区東新橋に本社を置き、ニュージーランド産キウイフルーツの輸入・製品管理・マーケティング活動などを行うゼスプリ インターナショナルジャパン株式会社が制定。

新年度・新学期など、ゴールデンルーキーとして入った新人たちに期待とエールを込めて先輩からゴールドキウイフルーツを贈る日。五月病に負けずに甘くてポリフェノールたっぷりのゴールドキウイで元気になって欲しいとの願いが込められている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ゴールドキウイフルーツ

同社は、9月1日を「キュー(9)イ(1)」と読む語呂合わせから「キウイの日」に、9月14日をグリーンキウイフルーツを贈る日として「グリーンデー」に制定している。

ゴールドキウイについて

ゴールドキウイは、ゼスプリが初めて市場に送り出したもので、果肉はきれいな黄色で、甘みが強いのが特徴。また、グリーンキウイに比べ外皮の毛が薄く、先端が尖った形をしている。1個で1日に必要なビタミンCを摂ることができる。美肌のサポートに、エイジングケアに、スポーツの後に、ゴールドキウイを食べるのがオススメである。

リンク:ゼスプリ キウイフルーツ

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事