散歩の日(10月9日 記念日)

東京商工会議所渋谷支部の「シブヤ散歩会議」が制定。

日付は「て(10)く(9)てく」と読む語呂合わせから。「てくてく」は散歩の時の歩くイメージを想起したもの。散歩を通じて広域の渋谷圏の魅力を発信することが目的。記念日は2015年(平成27年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

散歩の日

明治期の渋谷には小説家・国木田独歩(くにきだ どっぽ、1871~1908年)の住まいがあり、そこで著された小説『武蔵野』(1901年)にも「散歩」という言葉が登場するなど渋谷は散歩と縁が深い。目的地を定めずに好奇心を持って、てくてく街歩きを楽しむ「散歩」は街の新たな発見にもつながる。

「シブヤ」という言葉は、単純に渋谷駅周辺を指すのではなく、渋谷区や近隣の地域を含めた広域渋谷圏を指す。シブヤには渋谷ヒカリエや109などの誰もが知っているランドマークだけでなく、区内の各地域に多くの路面店や特色のある商店街、歴史・文化的施設、公園等の緑など、「てくてく」または「ぶらぶら」歩く「散歩」を楽しむことのできる魅力があふれている。

リンクシブヤ散歩会議Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事