ダンボール・アートの日(12月12日 記念日)

ダンボールを使った知育玩具(おもちゃ)や家具を販売している通販サイト「Moco-ya(モコヤ)」が制定。

日付は1から2へ物が生み出される意味と、1・2(イチニ)1・2(イチニ)とステップを踏んで前に進んでいくイメージは、子どもたちが創造する日にふさわしいとの思いから。四輪車や木馬などの玩具、机や椅子などのインテリアなど、さまざまなダンボール作品を手がける「Moco-ya」のダンボールアーティストである山田素子氏の「ダンボール・アートで子どもたちに『ものづくり』の楽しさを伝える日にしたい」というのが目的。記念日は2016年(平成28年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

Moco-ya
Moco-ya

「Moco-ya」では、ギフトに最適のダンボール製の子ども用椅子「ファースト・チェア工作キット」(税込4,200円)や「あやつり人形工作キット」(税込2,260円)、「動物ハガキ工作キット」(税込378円~2,900円)などを販売している。子どもの創作意欲を育み、親子のコミュニケーションにも最適な商品である。

リンク:Moco-ya

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「12月の記念日」「今日は何の日

関連記事