玉ねぎ、レタス、サツマイモ、しいたけの保存方法

野菜にはそれぞれに適した保存方法がある。これを知っておくと、野菜をよりおいしく、より長持ちさせることができる。

  • 玉ねぎ
  • 玉ねぎは冷蔵庫で保存してはいけない。湿気に弱い玉ねぎは、湿度が90%になることもある野菜室ではすぐに傷んでしまう。そのため、風通しのよい常温での保存が適している。

  • お米
  • 米びつには唐辛子を入れるとよい。これは防虫効果が期待できるため。

  • レタス
  • レタスの芯につまようじを3本程度指す。これはレタスの成長を止めて劣化を抑える効果があり、鮮度が数日間長持ちする。

  • サツマイモ
  • サツマイモは冷温に弱いため冷蔵庫には入れずに、新聞紙を包んで冷暗所に保存するのがよい。

  • しいたけ
  • しいたけは冷凍庫に入れて保存する。冷凍させるとうま味成分が作りやすくなる。さらに、冷凍後の加熱調理で、生しいたけの3倍うま味成分が増えたという研究結果もある。

  • お肉
  • 冷凍させたお肉は室温で解凍させるのはダメ。常温では菌が繁殖しやすいので、食中毒の危険性が高くなってしまう。お肉は冷蔵庫など低い温度で解凍するのがよい。

    2016/10/15

    スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    カテゴリー「食べ物・お酒

    関連記事