ほとんどの漫画家が使うGペンの「G」の由来

ほとんどの漫画家は万能ペンであるGペンを使っている。

Gペンとは、インクをつけながら筆記・描画するつけペンのことで、もともと英字を書くのに使われた。当初、AペンからZペンまで作られたが、使われているうちに淘汰され、残ったのが良質なGペンとされている。Gペンの特徴は軟らかいことで、強弱をつけやすく迫力が出やすいため、多くの漫画家が利用するようになった。

2017/08/30

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「語源・由来

関連記事