魚型の醤油容器は真空ポンプを使って大量に入れる

お弁当に付いてくる魚型の醤油容器に、どのようにして醤油を詰めているのだろうか。

スポイトの容量で1つ1つ入れると恐ろしく時間がかかりそうだが、実は3,500個の容器に醤油を一瞬で詰める方法がある。原理としては、容器からいったん空気を抜いて、一気に膨らませれば自動的に醤油は容器に入る。

3,500個の容器に一瞬で醤油を入れる方法は以下の通り。
①.空の容器を入れたタンクと醤油を入れたタンクの2つを用意し、2つのタンクをつなぐ(バルブは閉めておく)。
②.空の容器が入ったタンクを真空にする。すると容器から空気が抜けてぺったんこになる。
③.2つのタンクをつなぐバルブを開くと、気圧の差で醤油が容器のタンクへ流れ込む。
④.真空によりぺったんこだった容器が元に戻る力を利用して自動的に醤油が充填される。

サイズ3.2ccの魚型醤油3,600個が価格13,763円(税込、単価3.54円)で販売されている。
魚型の醤油容器
引用元:業務用容器カイコム 楽天市場店

2017/09/04

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物・お酒

関連記事