七草の日(1月7日 記念日)

この日の朝、七草がゆを食べて祝う。

七草がゆに入れる春の七草はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの7種類。その年の無病息災を願うとともに、正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める目的もある。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともいわれている。また、この日は七草をゆでた汁に爪を浸し、柔らかくしてから切るときれいに切れることから「七草爪の日」ともいわれる。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事