国際航空業務再開の日(2月2日 記念日)

1954年(昭和29年)のこの日、戦後GHQにより禁止されていた国際航空業務が再開された。

太平洋戦争の敗戦後、日本の民間航空事業はアメリカ軍の手により全て解体され、わずかに残った航空機も完全に破壊されてしまった。1951年(昭和26年)9月8日にサンフランシスコ講和条約が調印されたが、同年10月1日に日本航空株式会社が設立されて、民間航空再開の第一歩が始まった。

それから、2年以上の歳月を要し、国際線の運航が開始された。国際線の1番機は日本航空の東京発ホノルル経由サンフランシスコ行で、38席のうち14人が招待客で、一般の乗客は5人だけだった。当時の片道運賃は23万4千円で、現在の価値で換算すると、500万円弱になるという。この頃に比べれば、現在では海外旅行に気軽に行けるようになった。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事