マイコファジストの日(5月15日 記念日)

長野県中野市に本拠を置く一般社団法人 日本きのこマイスター協会が制定。

マイコファジストとは、きのこなどの菌類を好んで食べる人(菌食主義者)のこと。日付は2009年(平成21年)のこの日にマイコファジスト普及運動を提唱したことと、マイコファジストの「マイ(May=5月)(1)コ(5)」と読む語呂合わせから。きのこの魅力を語れる人材を育成し、きのこ産業の振興に役立て、多くの人にきのこを食べる食生活で健康になってもらうことが目的。

同協会では、きのこについての専門家である「きのこマイスター」という民間資格の認定を行っており、所定の講義(きのこマイスター認定講座)を受講し、修了試験に合格することで資格を取得することができる。入門コースの「ベーシックきのこマイスター」、探求コースの「きのこマイスター」、専攻コースの「スペシャルきのこマイスター」の3つのレベルがある。

このほかに、きのこ料理のレシピなどが掲載されたきのこ情報誌「季刊きのこ」の発行や、きのこの栽培や生態などについて学んだり、親子で一緒にきのこ料理をつくる「親子きのこ学校」の開催なども行っている。

リンク:日本きのこマイスター

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事