写真の日(6月1日 記念日)

1951年(昭和26年)に「写真の日制定委員会」が制定。日本写真協会が主催。

1841年(天保12年)のこの日、日本初の写真が撮影された。写真機はオランダから献上されたもので、写されたのは薩摩藩主の島津斉彬で、撮影したのは長崎の御用商人・上野俊之丞だった。「東洋日の出新聞」に掲載された上野俊之丞の息子・上野彦馬の口述による記事「日本写真の起源」の記述をもとに、この日が日本で初めて写真が撮影された日とされたが、後の調査で、それ以前にも写真撮影が行われていたことがわかっている。しかし、一度制定したこともあり引き続き6月1日を「写真の日」としている。また、5月から6月にかけて「東京写真月間」とし、写真展などが行われている。

8月19日は「世界写真の日」。

リンク:日本写真家協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事