布おむつの日(6月11日 記念日)

布おむつのレンタルシステムで知られる関西ダイアパーリース協同組合が制定。

日付は昔から布おむつのことを襁褓(むつき)と呼んでいたことから6月で、その11日で「いい日」と読む語呂合わせから。赤ちゃんやお年寄りの肌に優しく、赤ちゃんの感受性を豊かに育て、地球環境に優しい布おむつの良さを広く知ってもらうことが目的。全国ダイアパーリース協同組合連合会、社団法人日本ダイアパー事業振興会と共にアピールしている。

布おむつのレンタルについて

日本における貸しおむつ(レンタルおむつ)は、約50年前にアメリカから導入されたシステムで、現在、専業・兼業の業者が約100社ある。

布おむつの洗濯や乾燥に不便な住宅事情、または女性の社会進出に伴ない利用されてきた。初めは赤ちゃん専用のものだけであったが、現在では、寝たきりのお年寄りなどを対象にした成人用のレンタルも行われている。

専門の業者が工場の機械化された設備で洗濯・殺菌・消毒を行い、完全乾燥した布おむつを宅配、同時に使用済みのものを回収する仕組みで、育児や介護の負担を軽減する意味で利用者から好評となっている。

使い捨ての紙おむつは、コンパクトな外出用やおむつ替えの手間を省ける便利性があるが、使用済みのものが大量のゴミとなるために対策が必要とされている。この点において、布おむつの使用はゴミを削減することができる。

6月2日は「お(0)む(6)つ(2)」と読む語呂合わせから「おむつの日」。

リンク:関西ダイアパーリース協同組合

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事