ビヤホールの日(8月4日 記念日)

1998年(平成10年)にビアホールチェーンの「銀座ライオン」を経営する株式会社サッポロライオンが制定。

1899年(明治32年)のこの日、東京・銀座の新橋際(京橋区南金六町五番地 現:銀座八丁目)に、日本初のビアホール「恵比壽(ヱビス)ビヤホール」(銀座ライオンの前身)一号店が開店した。ビヤホールの持つ、明るい雰囲気、親しみやすさを多くの人に味わってもらうのが目的。

「銀座ライオン」の名前は、1911年(明治44年)8月10日、銀座四丁目の角に築地精養軒(上野精養軒の前身)が経営する「カフェー・ライオン」が誕生したことに由来する。この店名は、当時の築地精養軒の経営者・北村宇平氏がイギリス・ロンドンを訪れた際に、ピカデリー広場の角で営業していたレストラン「ライオン(LYON)」(ジョー・ライオンズ商会経営)の名にあやかったといわれている。この「ライオン(LYON)」とは、その創始者ジョー・ライオン氏の名前からとったものであるが、同時に百獣の王ライオンの貫禄と威厳に敬意をはらって使われていた。また、ライオンは英国王室の紋章であり、イギリスを象徴する動物である。

リンク:銀座ライオン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事