まるはちの日(8月8日 記念日)

1996年(平成8年)に名古屋市が制定。

1907年(明治40年)に、尾張徳川家が合印として使っていた「まるはち印」(漢数字の八を○で囲んだ印)を市章に決定。その88年後の1996年(平成8年)に記念日に制定した。

市章となった「まるはち印」は「丸が無限に広がる力、八が末広がりで発展を示す」というおめでたいマークであり、名古屋の歴史を大切にしながら、新たな発展を目指すという思いが込められている。「まるはち印」の「八」の由来には諸説あり、尾張藩政下に置かれていた尾張八郡(愛知・春日井・葉栗・丹羽・中島・海東・海西・知多の八郡)の「八」に由来する説、尾張の片仮名表記である「オハリ」の「ハ」に由来する説などがある。

リンク:名古屋市

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事