黒ビールの色が黒い理由

色の黒い「黒ビール」や色合いの深い「ダークビール」はフレーバーの強いものが多く、大人のビールといえる。

ダークビールが濃い色をしているのはローストされた麦芽を使っているためである。ローストすることで麦芽は暗褐色になり、ローストする時間が長いほど黒くなる。

色が黒くなるのと同時に、麦芽のフレーバも変化し、甘味が増すようになる。これは麦芽を加熱することにより、炭水化物(デンプン)が糖に変化するためである。

ローストされた麦芽と、ローストしていない麦芽とを組み合わせてダークビールは作られ、その割合によって色とフレーバーも変化する。つまり、黒ビールとは強くローストされた麦芽を多く使用したビールのことである。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事