バナナは日本に輸入される時、全て緑色をしている

スーパーなどで見かけるバナナは黄色をしているが、日本に輸入される時のバナナは全て緑色をしている。

これは、害虫が日本に入るのを防ぐために、熟したバナナを輸入することを法律で禁止しているため。輸入された緑色のバナナは倉庫などで一旦保管され、熟して黄色になってから店頭に並ぶ。 倉庫では、成熟を促進させるためにエチレンガスを噴射し、4~5日ほどかけて熟成させている。ちなみに、輸入バナナはフィリピン産のバナナが約8割を占めている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事