日本発祥の料理(エビフライ、ドリア、ナポリタンなど)

海外の料理っぽいのに日本発祥の料理というのは意外と多い。そんな料理に「エビフライ」「ドリア」「ナポリタン」「エビチリ」が挙げられる。

「エビフライ」の発祥は、1895年(明治28年)創業の東京・銀座にある老舗洋食屋の煉瓦亭。当時はトンカツやメンチカツが大人気だった。1900年(明治33年)頃、亭主であった木田元次郎がもっと人気の料理を作ろうと様々な食材にパン粉を付けてを揚げたところ、エビフライが生まれたと言われている。

「ドリア」「ナポリタン」の発祥は、1927年(昭和2年)に開業した横浜のホテルニューグランドと言われている。1930年(昭和5年)頃に初代総料理長であったサリー・ワイルが、体調を崩した欧州の銀行家のために即興で提供した料理がドリアであると考えられている。また、1934年(昭和9年)1月のメニューに「Spaghetti Napolitaine」との記載があり、これが日本でナポリタンが提供されたことがわかる最古の記録である。

「エビチリ」は、中華料理の巨匠・陳建民(1919~1990年)が東京の赤坂四川飯店で初めて作った。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事