魚河岸初競り(1月5日 記念日)

各地の魚河岸(うおがし)で競(せ)りを開始する。

新年の初物として御祝儀相場が付けられる。2013年(平成25年)1月5日に行われた東京・築地市場の初競りでは、青森県大間産のクロマグロが1匹1億5540万円の史上最高値で競り落とされた。222キロのマグロで、落札者は寿司チェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(きよむら)であった。

その後、築地市場から豊洲市場に移転後、初めて行われた2019年(平成31年)1月5日の初競りで、大間産のクロマグロが1匹3億3360万円で競り落とされ、過去最高値を更新した。重さは278キロで、落札したのは同じく喜代村だった。

278キロのクロマグロと喜代村の木村清社長
278キロのクロマグロと喜代村の木村清社長
画像元:時事ドットコム

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事