青々忌(1月9日 記念日)

ホトトギス派の俳人・松瀬青々(まつせ せいせい)の1937年(昭和12年)の忌日。

松瀬青々について

青々は、1869年(明治2年)に大阪市で生まれ、本名は弥三郎。1897年(明治30年)、松山発行の俳句雑誌「ほととぎす」第4号にて虚子選に入選。1898年(明治31年)、青々に改号。正岡子規にみとめられ、勤めていた銀行を同年に退社し上京。「ホトトギス」の編集係に就く。

1900年(明治33年)、ホトトギスを退社、大阪に戻り大阪朝日新聞社に入社。会計部に務めながら「朝日俳壇」を担当する。1901年(明治34年)、俳句雑誌「宝船(たからぶね)」を創刊・主宰。後に「倦鳥(けんちょう)」と改題。青木月斗(げっと)とともに関西俳壇に重きをなした。狭心症により死去。69歳。句集に「妻木」、俳話集に「倦鳥巻頭言集」がある。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「1月の記念日」「今日は何の日

関連記事