長崎二十六聖人殉教の日(2月5日 記念日)

カトリック教会における祝日。

1597年(慶長元年)のこの日、キリスト教の弾圧のため、豊臣秀吉の命令により長崎の西坂にて26人が磔(はりつけ)の刑で殺された。殉職したのはペトロ・バプチスタ神父など外国人6人、パウロ三木など日本人20人。1862年にローマ教皇ピウス9世によって26人全員が聖人に列せられ、彼らは「日本二十六聖人」と呼ばれることになった。

殉職者が処刑された場所は「日本二十六聖人殉教地」として追悼の場所となっている。その場所は現在の西坂公園で、記念碑「昇天のいのり」と記念館が建てられている。

記念碑「昇天のいのり」

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事