節忌(2月8日 記念日)

歌人・小説家の長塚節(ながつか たかし)の1915年(大正4年)の忌日。

長塚節

長塚節について

1879年(明治12年)4月3日に現在の茨城県常総市に生まれる。正岡子規に師事して短歌・写生文を学ぶ。子規の没後は短歌雑誌『アララギ』の同人として活躍し、万葉調の写生歌を詠む。

また、夏目漱石の推挙で、農村を写実的に描写した長編『土』を『東京朝日新聞』に連載する。これは農民文学のさきがけとなる重要な作品と評価され、彼の代表作となった。

喉頭結核を病み、東京・福岡などの病院で治療を受けるが、病気の悪化により35歳で死去。写生文に『佐渡ヶ島』、短編に『芋掘り』、歌集に『鍼の如く』などがある。

リンク:Wikipediaコトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事