折箱の日(2月22日 記念日)

東京都台東区北上野に事務局を置き、「折箱(おりばこ)」などの食品包装容器の製造・販売を行う業者の全国組織である全折食品容器連合会が制定。

日付は聖徳太子が遣隋使により様々な文化を輸入したときに、 朝廷への献上物をのせるために使用した台紙が「折箱」のルーツとされることから、太子への畏敬の気持ちを込めてその命日となっている2月22日としたもの。

時代を超えて受け継がれ、日本の食文化を担ってきた食品容器である「折箱」をさらに多くの人に使ってもらい、その魅力を伝えていくことが目的。記念日は2019年(平成31年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

折箱

折箱について

「折箱」とは、厚経木と呼ばれる薄い木の板を折り曲げて作られた木箱である。従来、経木を加工し蓋を付けた比較的底の浅い木箱のことを折箱と呼んだが、現在では木製品だけでなく紙製や発泡スチロール製、プラスチック製の箱製品の総称として使用されている。

寿司や赤飯、菓子などを詰める。菓子を詰めたものは「菓子折」と呼ばれる。唯一日本だけに存在する固有の食品容器であり、折箱の材料として使用される木材にはエゾマツ・スギ・ヒノキ・シナ・スプルスなどがある。

日本の高温多湿な気候に対して、中身の食材が腐敗しにくい様に抗菌作用がある木材を使用している。木材は加工後も気孔が残っており、内気と外気の湿度をある程度一定に保つことが可能なのでお櫃(ひつ)と同様の効果がある商材として重宝された。

リンク全折食品容器連合会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事