幻花忌(3月1日 記念日)

小説家・詩人の今官一(こん かんいち)の1983年(昭和58年)の忌日。

今官一

「幻花忌」の名前は、代表作『幻花行』の題名にちなむ。この日には、郷里の弘前市で今官一を偲ぶ会が開催される。

今官一について

1909年(明治42年)12月8日に青森県弘前市に生まれる。東奥義塾中学3年の時、詩人・福士幸次郎が教師として赴任。その影響を受けて詩作を始める。早稲田大学露文科を中退。

横光利一に師事。古谷綱武らと『海豹』を、太宰治らと『青い花』を創刊。編集発行人となるが1号で終刊。「日本浪曼派」に合流。戦後にかけて「日本未来派」「歴程」などにも参加する。「旅雁の章」など3部作で芥川賞候補となり注目を集める。

1944年(昭和19年)に応召、戦艦・長門に乗船、レイテ沖海戦に参加。この時の体験を『幻花行』『不沈戦艦長門』に作品化する。「銀簪」が直木賞候補となり、1956年(昭和31年)に短編集『壁の花』で直木賞を受賞。

脳卒中で入院。弘前市に帰郷、車イスの生活で口述筆記による作家活動を続ける。73歳で死去。他の主な著書に「海鷗の章」「龍の章」「巨いなる樹々の落葉」、詩集に「隅田川」などがある。

リンク:Wikipediaコトバンク弘前市

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事