おうえんの日(3月11日 記念日)

山下翔一(株式会社ペライチ)、柚木昌宏(bondclub)、高田洋平(マネバナ)の3氏が制定。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では多くの人が亡くなった。その日を忘れることなく、今生きている人たちが小さな一歩を踏み出そうとする人を愛を持って応援することで、人の優しさにあふれる日とすることが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

おうえんフェス

記念日の制定者たちは、「おうえん」で幸せあふれる世界、身近な人の夢や挑戦を「おうえん」し合える社会の実現を目指して、「おうえんフェス」を開催している。フェスでは以下の4点をポイントに挙げている。

  1. 一人ひとりが幸せを感じ、満たされている世の中を創出する。
  2. 国籍や人種、宗教などの壁を超えて、目の前の人をおうえんし合えるような文化を作る。
  3. 自分を認め、愛することができるようになる居場所を提供する。
  4. 目の前の人、家族や友だち、同僚をおうえんし、大切にし合える社会を創出する。

この日を中心として、東京会場やオンラインにより全国の拠点を繋いで「おうえんフェス」が開催される。フェスでは、夢おうえんアワードや、夢をカタチにするクラウドファンディングピッチコンテスト、各業界の第一人者や企業・挑戦者のトークライブなどが行われる。

リンク:おうえんフェス

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事