オキシクリーンの日・オキシ漬けの日(3月14日 記念日)

東京都品川区大崎に本社を置き、化粧品・日用雑貨・健康食品・医薬品・日用雑貨などの企画・製造・販売を手がける株式会社グラフィコが制定。

日付は漂白剤の「漂白」の「白」と、「ホワイトデー」の「ホワイト=白」を掛けて3月14日としたもの。同社が日本の正規販売代理店である衣料用漂白剤の「オキシクリーン」とそれを使用した漬け置き洗いの「オキシ漬け」をより多くの人に知ってもらうことが目的。「オキシクリーンの日」は2018年(平成30年)に、「オキシ漬けの日」は2019年(平成31年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

オキシクリーン

オキシクリーン・オキシ漬けについて

酸素系漂白剤「オキシクリーン」は、塩素系ではないのに、衣類のシミ・汚れを強力洗浄と消臭できる漂白剤である。毎日の洗濯からキッチンの掃除まで、様々な場面で驚きの洗浄力を発揮してくれる。

オキシクリーンの洗浄力の秘密は「酸素のチカラ」である。酸素の泡が衣類などの汚れを徹底的に浮き出させ、スッキリ洗浄する。酸素パワーは強力な洗浄力にもかかわらず、衣類を傷めることが少なく、使うほど驚きの白さを取り戻す。もちろん、衣類の洗濯だけではなく、キッチン・風呂場・トイレ・洗面所・洗濯槽・リビング・屋外など1本で様々な掃除の場面で活躍してくれる。

また、オキシクリーンを40~60℃のお湯に溶かして、汚れを落としたいものを漬けて置く、漬け置き洗いの「オキシ漬け」も話題となっている。

リンク:グラフィコオキシクリーン

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事