薔薇忌(3月17日 記念日)

小説家・評論家の塩月赳(しおつき たけし)の1948年(昭和23年)の忌日。

評論集『薔薇の世紀』から「薔薇忌」と呼ばれる。

塩月赳について

1909年(明治42年)1月12日に宮崎県に生まれる。東京帝大美学科を卒業。

太宰治と親しく『海豹』に加わり、『浪漫古典』に作品を発表、『散文』を主宰する。その後、政界往来に勤務、東洋経済から北京に行き、戦後帰国。39歳で死去。

著作には小説『或る幸福』、評論集『薔薇の世紀』がある。また、太宰の短編小説『佳日』のモデルであり、この作品は映画化もされた。塩月の死の3ヵ月後に太宰が入水自殺した。

リンク:コトバンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事