世界ダウン症の日(3月21日 記念日)

イギリスのロンドンに本部を置く「世界ダウン症連合」(DSI:Down Syndrome International)が2004年(平成16年)に制定。

英語表記は「World Down Syndrome Day」(WDSD)。2006年(平成18年)から「世界ダウン症の日」が実施され、2012年(平成24年)には国連により国際デーの一つとして制定された。

世界ダウン症の日

日付はダウン症候群の患者の多数が、通常は2本の21番染色体が3本ある異常によって発症することから。ダウン症のある人たちとその家族、支援者への理解がより一層深まり、ダウン症のある人たちがその人らしく安心して暮らしていけるように、さまざまな啓発のイベントを通して世界中の人々に訴えていくための日。

この日には、世界ダウン症連合の呼び掛りにより、世界各国でセミナーや写真展などさまざまな記念イベントが開催されている。日本では、公益財団法人・日本ダウン症協会が主催するトークセッションや写真展、ダンスイベントなどが開催されている。

リンク:世界ダウン症の日

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「3月の記念日」「今日は何の日

関連記事