世界医学検査デー(4月15日 記念日)

1996年(平成8年)6月にノルウェーで開催された世界医学検査協会(IAMLT)代議員会で制定。英語表記は「World-wide Biomedical Laboratory Science Day」。

臨床検査の専門職である臨床検査技師の役割と臨床検査の重要性を、各国の国民により広めることを目的に決められた。この日を中心に、その年のテーマに沿った広報活動が行われる。2014年(平成26年)のテーマは「倫理綱領(りんりこうりょう)」であった。

倫理綱領とは、専門職団体が専門職としての社会的責任・職業倫理を行動規範として成文化したものである。一般社団法人・日本臨床衛生検査技師会の倫理綱領では、臨床検査技師は「臨床検査の担い手として、国民の医療及び公衆衛生の向上に貢献する」「学術の研鑽に励み、高い専門性を維持することに努める」ことなどが定められている。

リンク日本臨床衛生検査技師会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事