オーベルジュの日(4月21日 記念日)

「オーベルジュ」のオーナーやシェフなどにより設立され、「オーベルジュ」の発展を目的に広報活動などを行う日本オーベルジュ協会が制定。

日付は日本で本格的な「オーベルジュ」が誕生した1986年(昭和61年)4月21日にちなんで。また、春の訪れとともに素敵な旅の始まりをとの願いが込められている。「オーベルジュ」の魅力や文化を伝えることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

オーベルジュ

オーベルジュについて

「オーベルジュ(Auberge)」とは、その土地の食材を使った絶品料理などを味わい、併設された客室で宿泊できるレストランのことである。「オーベルジュ」の発祥はフランスで、その歴史は中世まで遡るとも言われる。

日本初の「オーベルジュ」は、1986年(昭和61年)のこの日に神奈川県・箱根町で開業した「オーベルジュ オー・ミラドー」とされている。伝説のシェフ・勝又登のフレンチを楽しむことができる。2016年(平成28年)4月に30周年を迎えた。

リンク日本オーベルジュ協会オー・ミラドーWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「4月の記念日」「今日は何の日

関連記事