ごいしの日(5月14日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳

ごいしの日(5月14日 記念日)

日本で唯一の蛤(はまぐり)碁石の産地である宮崎県日向市で、蛤碁石の製造・販売などを手がけるミツイシ株式会社が制定。

日付は「ご(5)い(1)し(4)」(碁石)と読む語呂合わせから。日向市と那智黒碁石の産地の三重県熊野市のパートナーシップ協定の締結、ミツイシの創業100周年などを記念したもので、碁石・囲碁文化の発展と普及、技術の継承が目的。記念日は、2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

蛤碁石

ミツイシについて

ミツイシの前身である黒木碁石店は、1917年(大正6年)に創業者・黒木宗次郎により創業され、蛤碁石の製造が始まった。「碁石を使うのは人であり、人は石と対話をする。そのため、石は天然の素材であると同時に、人の手によって作られる必要がある」という基本思想は、今も受け継がれている。

機械化の進む現代においても約3ヵ月、24段階にも及ぶ工程の中、一粒一粒全ての職人が必ず一度は手に触れ、目で見て対話をし手打ちの意思を伝える石へと、その形や感触までも、実用性や芸術性を徹底的に追求してきた。そして、納得したものだけを世に送り続けている。

碁石について

碁石は、囲碁や連珠(五目並べ)に使用する用具で、黒・白2色の円盤形の物体である。黒白2色で一揃いとなり、碁笥(ごけ)または碁器(ごき)と呼ばれる容器に入れておく。

碁笥に入れられた碁石

碁石は「石」とも呼ばれるが、素材は必ずしも石材のみが用いられるわけではない。黒石は硬質の粘板岩の那智黒石、白石は碁石蛤の半化石品が最高級とされている。練習用など安価な碁石には、プラスチック製や硬質ガラス製のものもある。

蛤の白石には「縞」という生長線が見られ、細かいものほど耐久性が高く、「雪」と表現され、比較的目が粗いものを「月」と呼んで区別する。高級品は縞のように見える貝殻の層が目立たず、時間が経っても層が剥がれたり変色したりしない。

リンク:ミツイシWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「5月の記念日」「今日は何の日

関連記事