チューインガムの日6月1日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳

チューインガムの日6月1日 記念日)

1994年(平成6年)に日本チューインガム協会が制定。

平安時代、元日と6月1日に、餅などの固いものを食べて健康と長寿を祈る「歯固め」の風習があったことに由来する。歯固めの「歯」はもともと「齢(よわい)」のことで、齢を固めて長寿を願うという意味があった。よく噛むことは唾液の分泌を促し、消化を助ける働きがある。また、噛むことで脳の血液が増え、脳細胞の発達によい影響がある。

チューインガムの発祥は西暦300年ごろメキシコ南部から中央アメリカに住んでいたアステカ族、マヤ族にその源を求めることができる。これらの民族は木の樹液のかたまりを噛む習慣を持っていて、この樹液のかたまりはチクルと呼ばれ、ガムの元祖となったものである。

リンク:日本チューインガム協会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事