ワイパーの日(6月6日 記念日)

ワイパーブレードのメーカーで構成する日本ワイパーブレード連合会(JWF)が制定。

日付は6月はワイパーが最も使われる梅雨の時期であり、ワイパーは2本1組であることから同じ数字が並ぶこの日を記念日とした。車の安全に欠かせないワイパーブレードの適切な交換を呼びかけて交通安全に寄与し、市場の活性化を図ることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ワイパーの日

一年を通して雨の多い日本では、車のワイパーは必需品である。視界が悪く、路面もすべりやすくなる雨の日のドライブにおいて、安全を守る重要な役割を果たしている。同連合会では、クリアな視界を保つためにも、年1回のワイパーの点検・交換を勧めている。

8月18日は「産業用ワイパーの日」となっている。この記念日は産業分野で発生する油の汚れ、不純物などの拭き取り作業に使われる紙や不織布などの産業用ワイパーに由来する記念日である。

リンク:日本ワイパーブレード連合会

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事