七夕(7月7日 年中行事)

織姫と彦星が天の川を渡って年に1度だけ会うことができるという中国の伝説にある日。

この伝説が奈良時代に日本に伝わってから、七夕信仰と結びついて年中行事としての七夕へと発展した。織姫星(織女星)はこと座の1等星ベガ、彦星(牽牛星)はわし座のアルタイル。

七夕の起源は、日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠きっこうでんや佛教の盂蘭盆会うらぼんえ(お盆)などが習合したものと考えられている。そもそも七夕は棚幡とも書いたが、現在でもお盆行事の一部でもあり、笹は精霊(祖先の霊)が宿る依代である。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事