八丁味噌の日(8月3日 記念日)

愛知県岡崎市八帖町に事務局を置く八丁味噌協同組合が制定。

日付は8で「八(8)丁」、3で「味(3)噌」を連想して8月3日に。また、夏場にも使いやすい味噌であることから8月としたもの。酸味や渋みを含む独特な味わいの「八丁味噌」の美味しさ、奥深さをより多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

八丁味噌について

江戸時代から現代に至るまで岡崎市八帖町(旧:八丁村)で造り続けられ、その地名から呼ばれる「八丁味噌」。約2メートルの木桶に大豆麹と塩、少ない水分で仕込み、重しを円錐状に約3トン積み上げ、2年以上(二夏二冬)天然醸造で熟成させる伝統の製法から生まれる。

八丁味噌

これは八帖町の気候風土の中で先祖たちの経験と試行錯誤の結果、導き出された製法である。石積み、大豆麹造り、木桶、熟成期間など先祖たちが築いてくれた伝統をさらに次の世代へ繋いでいくことを使命としている。

リンク八丁味噌協同組合

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「8月の記念日」「今日は何の日

関連記事