アサイーの日(9月16日 記念日)

東京都千代田区神田神保町に本社を置き、「アサイー」をはじめとしたアマゾンフルーツなどの輸入・販売を手がける株式会社フルッタフルッタが制定。

美と健康に良いとされる「アサイー」の魅力を伝えるとともに、産地であるアマゾンからブラジル全土、そして世界へ輸送されるようになった背景には、日本からアマゾンへ渡った日本移民が「アサイー」の産業化に尽力したことが大きく影響していることから、その功績を称えることが目的。

日付は第一回移民船がアマゾン川河口の都市ベレンに到着した1929年(昭和4年)9月16日にちなんで。記念日は2019年(令和元年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

アサイー商品

同社では、濃厚なアサイーピューレにバナナを配合したエナジードリンクや、アサイーボウルをイメージしてフルーツを贅沢にトッピングしたカップアイス、アサイーのフリーズドライパウダーなど、数多くのアサイー商品を販売している。

アサイーについて

アサイーは、ブラジル・アマゾンを原産とするヤシ科の植物で、生長すると20mほどの高さになる。果実の外見はブルーベリーに似ているが、植物学的にはブルーベリーやその他ベリーとは近縁ではない。

アサイー

ヤシ科の一種であるため、英語では植物そのものをアサイー・パーム(açaí palm)、果実をアサイー(açaí)と表記する。また、ブラジルでは植物をアサイゼイロ(açaizeiro)、果実をアサイー(açaí)と呼称する。和名は「ニボンモドキ」または「ワカバキャベツヤシ」である。

アサイーの実は非常に栄養価が高く、「スーパーフード」や「スーパーフルーツ」とも呼ばれる。ポリフェノールや鉄分、ビタミンE、食物繊維、カルシウムなどが豊富である。現地では15世紀の大航海時代以前からアマゾンの先住民の貴重な栄養源として食されてきた。

ジュース状にして、そのまま飲むか、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、バナナやイチゴあるいはそれらの果汁などと混ぜて飲むことが多い。スムージーにして飲むこともあり、ボウルにアサイーのスムージーを入れ、バナナやリンゴ、クラッカーなどと一緒に供され「アサイーボウル」と呼ばれる。

リンクフルッタフルッタWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事