すき焼き通の日(10月15日 記念日)

「すき焼き」に関する本『すき焼き通』(向笠千恵子著・平凡社新書)が刊行されたことをきっかけに、すき焼き店とすき焼き愛好家で結成された「すきや連」が誕生。

日付は『すき焼き通』の刊行日である2008年(平成20年)10月15日から。すき焼きの美味しさと楽しさをアピールすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

すき焼き通

明治の文明開化で始まった牛鍋は、新しい日本のごちそう、すき焼きとして全国に広まった。『すき焼き通』では、その味を全国の老舗すき焼き店にたずね、手塩にかけて育てられた名牛の肉から、個性的な調理法と食材、食べ方の流儀まで、日本人に最も愛され、幸福感あふれる料理、すき焼きの食文化とその美味の秘密が熱く語られる。

リンクAmazon

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事