出雲ぜんざいの日(10月31日 記念日)

島根県出雲市の出雲観光協会内に事務局を置く「出雲ぜんざい学会」が2007年(平成19年)に制定。

日付は「1031」を「千三十一」とみなして、「ぜん(千)ざ(3)い(1)」と読む語呂合わせから。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

出雲ぜんざいの日

ぜんざいについて

ぜんざい(善哉)は、豆(主に小豆)を砂糖で甘く煮た日本の食べ物である。餅や白玉団子、栗の甘露煮などと共に供されることが多い。一般的には豆の原型が存在するものを指して用いられるが、例外もある。

「ぜんざい」の名称は、出雲地方の「神在餅(じんざいもち)」に起因するという説がある。出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われている。そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在餅」である。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われている。

リンク:出雲ぜんざい学会Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事