東京はかつて「水の都」であった

東京はかつて「水の都」と称されるほど河川に恵まれた土地であった。しかし、戦後の開発における埋め立てなどで、その面影は消えてしまった。

「水の都」から川がなくなった原因

第二次世界大戦で東京は焦土と化し、その復興の際、運搬費用と労力を省くために、瓦礫などを近くの河川に投棄して埋め立ててしまった。その後、高度成長期に入ると、モータリゼーションの影響による渋滞の解消と、1964年(昭和39年)東京オリンピックの開催に備えて、さらに水路が埋め立てられ、道路は拡張され、高速道路も建設された。これらの原因で「水の都」であった東京の面影はすっかり消えてしまったのである。現在の東京23区には品川区、荒川区、江戸川区と区名が川に由来する区が3つあり、かつて「水の都」であったことをうかがわせている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「地理・地名

関連記事