渋谷駅前の忠犬ハチ公とは

渋谷駅前に銅像が設置され、ハチ公は渋谷のシンボルともなっている。

秋田犬・ハチ公の飼い主は東京・渋谷に住んでいた大学教授・上野英三郎で、愛犬家で出かけるときは渋谷駅までハチを連れて行った。しかし、ハチを飼い始めた翌年の1925年(大正14年)、飼い主の上野は授業中に脳卒中で死んでしまった。上野の死後もハチは渋谷駅改札口で主人の帰りを待ち続けた。この出来事が人々に感銘を与え、「忠犬ハチ公」と呼ばれるようになった。

1934年(明治9年)、渋谷駅前にハチ公の銅像が設置され、その除幕式にはハチ公自身も参加した。ハチはその翌年に死んでしまったが、現在もハチ公像として渋谷駅前で生き続けている。また、ハチの剥製は東京・上野の国立科学博物館に所蔵されている。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事