看護師は脈を測る時にこっそり呼吸数を測っている

お医者さんや看護師さんは脈を測る時、こっそり他のものを見ていた。

脈を測る時の看護師さんの目線は胸元を見ており、呼吸数を測っている。患者が意識して呼吸数が変わるのを防ぐためにこっそり測っている。看護師の教科書にも「呼吸を測定することをさとられてはいけないので、呼吸測定については患者さんに説明してはいけない。さりげなく測定する。」と記載されている。患者に意識させないように脈を見ながら呼吸数を計測していた。

2016/10/23

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事