札幌三越で一番人気なのは北海道物産展

北海道の札幌三越では、年に5回の物産展が行われるが、そのうち3回が北海道物産展で、「北海道味覚めぐり」「北海道味紀行」「ホクレン大収穫祭」が開催される。

北海道は広いため、札幌だからといって北海道のほかの地方のものを食べることが出来ない。そのため、北海道内の離れた地方のものを食べることが出来る北海道物産展が一番人気となっている。

2017年(平成29年)1月25日~2月7日、札幌三越の本館10階において「第26回 北海道味覚めぐり」が開催された。増毛町「寿司のますくら」のジャンボ生ちらし、羅臼町「羅臼海産」の開きキンキ、帯広市「クランベリー」のスィートポテト、岩見沢市「ベーカリーカンスケ」のフロマージュバーガーなど北海道各地のグルメが集合した。

また、大丸札幌店でも北海道物産展が年に1~2回開催され、こちらもとても人気があるという。札幌で北海道物産展が人気なのは、北海道各地に美味しい食べ物が数多くあるという証拠である。

リンク:札幌三越大丸札幌店

2017/05/10

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事